A-kurashi

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A-kurashi

えー暮らし(良い暮らし)・明るい暮らし・飽きない暮らし・・・etc. あーちょりんの暮らし♬

『日本三大七夕まつり』今年の七夕は盛り上がってみませんか?

気になる
スポンサード・リンク

 



もうすぐ七夕の日がやってきます。

私が生まれ育った地域では、特別なお祭りのようなものは行われておりませんでした。

盛大に行われている地域もあるとのことで、早速チェックしてみました!

日本三大七夕まつり

仙台七夕まつり

伊達政宗公の時代より続く、日本一の七夕。

〜見所〜
仙台七夕まつりの特徴といえば、やはり毎年新に手作りされる豪華絢爛な笹飾り。
祭り前の8月4日早朝、各商店街では長さ10メートル以上の巨大な竹を山から切り出し、小枝をはらい、飾りつけの準備が行われます。飾りは各個店の皆さんが数カ月前から手作りで準備し、一本の価格は数十万~数百万円もするといわれています。吹流し5本1セットで飾るのが仙台七夕の習わしとなっています。
 
飾りの内容は当日まで企業秘密となっており、8月6日の朝8時頃から飾り付けが行われその豪華さを競い合います。 各商店街毎に飾り付け審査が行われ、8月6日午後には金、銀、銅の各賞が発表されます(飾りの根本に金、銀、銅の各賞のプレートがつけられます)。
 
 

 湘南ひらつか七夕まつり

 「戦災復興五ヶ年計画」が一段落した昭和25年7月に開催された『復興まつり』が始まり。この『復興まつり』で多くの人出があったことから、平塚商工会議所、平塚市商店街連合会が中心となって昭和26年7月に仙台の七夕まつりを範とし、平塚商人のたくましい心意気を吹き込んだ第1回七夕まつりが行われました。

〜見所〜
平塚の七夕まつりは、戦後商業振興策として始められたもので、活発な商業力に裏づけられた日本一といわれる七夕飾りの豪華さに特色があります。中心街には約500本、特にメーン会場である「湘南スターモール」は絢爛豪華な飾りが通りを埋め尽くします。中には10mを超える大型飾りもあり、活躍中のスポーツ選手や人気の動物、キャラクターなどの流行り取り入れた飾りも大きな特徴です。期間中は七夕飾りのコンクールをはじめ、パレード等各種催物がくりひろげられ日本を代表する夏の風物詩として発展してきています。さらに、セレクションで選ばれた湘南ひらつか織り姫が七夕まつり期間中、パレードや市中訪問など様々な行事でまつりを一層盛り上げています。
 
湘南ひらつか七夕まつり【公式】

→ http://www.tanabata-hiratsuka.com



以上が、不動の2位。

3位争いとなっているのが・・・

安城七夕まつり

終戦後の、どこか暗い雰囲気のあった1945年(昭和20年)。まちの商工業の活性化を図ろうと1950年(昭和25年)に商工館が開館、農業中心のまちであった安城で商店街の大売り出しを行ったり花火大会が行われたりと、人とまちの交流が活発になっていきました。こうしてまつりの下地が育っていく中で、1952年(昭和27年)に市制が施行され安城市が誕生すると、まつりももっと盛大なものにしようということから七夕まつりの企画がスタート。他市での七夕まつりを視察したり資料を参考にしながら準備をし、1954年(昭和29年)に第1回目「安城七夕まつり」を開催するに至りました。

〜見所〜

みんなで作る。みんなで楽しむ。安城七夕まつりの基本理念は「市民参加」。七夕の見所は、そんな市民参加型の数々の催しです。特に「願いごと、日本一。」を目指す安城七夕まつりでの願いごと関連イベントは、全国でもここでしか見られない貴重なイベント。願いごと短冊や願いごとふうせんは、どなたでも参加できる企画です。

安城七夕まつり【公式】
→ http://www.anjo-tanabata.jp


おりもの感謝祭一宮七夕まつり

戦争の傷も癒え始めた昭和31年、歴史と伝統を誇る一宮市民が中心となり、繊維の神様に感謝し更なる繊維産業の振興と一宮の発展を願って、織物に縁の深い牽牛・織姫に因んで始まりました。

〜見所〜

昭和31年に始まった一宮七夕まつりは、今では市民の夏の最大イベントとして根をおろし、その飾り付けのけんらん豪華さは、仙台、平塚の七夕まつりとならび日本の三大七夕まつりの一つとして称賛されるほどで、130万人もの人出でにぎわいます。
7月の最終日曜日をフィナーレとする木曜日からの4日間、全市をあげてくりひろげられます。

おりもの感謝祭一宮七夕まつり【公式】
→ http://www.138ss.com/tanabata_bunner/index_tanabata.htm



まとめ

どの七夕まつりも、一番の見所は豪華絢爛な飾り付け

仙台では、仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2015が本日(7月1日)よりスタートし、オープニングセレモニー会場となった仙台駅構内には、早くも七夕飾りが登場しました。さすがは、日本一の七夕まつりが開催される仙台!といった感じです

 

スタバのタンブラーコレクターである私としては、これも非常に気になります。

 

パレードが行われたり、多彩なステージイベントが行われたりと、どのお祭りもとにかく見所が満載!

今年の七夕は、気になるイベントに参加して盛り上がってみませんか?

Copyright © 2017 A-kurashi All rights reserved.