A-kurashi

A-kurashi

えー暮らし(良い暮らし)・明るい暮らし・飽きない暮らし・・・etc. あーちょりんの暮らし♬

楽天『JCBデビットカード』を申し込みました!

スポンサード・リンク

発行してもらえる銀行が徐々に増えてきたデビットカード

世の中にも、随分と浸透してきたのではないでしょうか?

そこで、試しに 私も作ってみることにしました!

ずっと気になっていたデビットカード

J-Debit というのは、随分と前から存在していましたよね。金融機関で発行されたキャッシュカードが、買い物や食事代の支払いにそのまま利用できるというサービスで、私も過去に数回だけ利用したことがあります。
 
この J-Debit の難点は、対応店舗が少ないという事でした。私が過去に利用したのは、家電を買った時くらいで、日常のお買い物(スーパーマーケット等)で使えた記憶はありません。
 
便利なサービスではありますが、日常で使えなければあまり活躍の場はありませんよね。結局、私が J-Debit を利用することはなくなりました。J-Debit を利用しなくなってから、どのくらいが経つでしょうか・・・
 
しかしここにきて、その問題をクリアしたデビットカードが登場したんですよー。その名も『JCBデビットカード』( VISAデビットカードもあります )。使えないお店なんてないのでは?と思うほど、多くの店舗で利用する事が出来ます。
あぁぁぁぁぁぁぁ....気になるぅぅ..............。
 
ですが!
世間に浸透するまでは、やはり様子を見たいですよね?(笑)

そんなこんなで、申し込むタイミングを待っていました。

 

JCBデビットカードの魅力

f:id:achorin:20160912183913j:plain

 JCBデビットカードとVISAデビットカードと選択肢がある中で、私が『JCB』を選んだ理由はただひとつ。ディズニーリゾートでも利用できるから♪
しばらく行けていないので、そろそろ行きたいなぁ・・・(笑)。

 

以下、『JCBデビットカード』の魅力をいくつかご紹介しますね。

 

世界中のJCB加盟店で利用できる

何といってもこれです!これなら、コンビニでもスーパーマーケットでも、とにかく本当にいろんなお店で利用することができますよね。対応店舗の多さは、最重要ポイントだと思います。使えるお店が少なければ、持っている意味がありませんから。

 

支払いの度に口座から即時引き落とし

クレジットカードとは違い、カードを利用するごとに口座から利用金額が引き落とされます。私的には、これもポイント高いです。クレジットカードの“後払い”のシステムよりも、やはり家計管理がしやすいです。残金が一目瞭然。

 

利用限度額が登録口座の残高

うっかりローン状態・・・に、なってしまう危険性がないのは安心ですね。

 
 
JCBデビットカードの魅力は、大きくこの3つでしょうか。

あとは、どの銀行で発行してもらうかによって、年会費やポイント還元率、ついてくる保険内容が違ったりするので、その辺は、より自分がお得だと思う銀行を厳選する必要があると思います。

 

JCBデビットカードは、どこで発行してもらえるの?

現在、発行に対応している銀行は、
「ちばぎん」「大垣共立銀行」「北洋銀行」「楽天銀行」の4つのようです。
 

楽天銀行に決めました

4銀行を比較してみた結果、私は楽天銀行に申し込む事にしました。
年会費が永年無料であることが決め手になりました。(永年無料なのは、楽天銀行だけでした)
 

 
運良く『5周年&500万口座突破記念』のキャンペーンなんてやってました!

私は、楽天銀行の口座を持っていなかったので、お得に口座開設をする事が出来ました。

支払い方法が多様化している世の中、自分に合ったものを見つけて便利に活用していきたいですね♪

 

※追記

『5周年&500万口座突破記念』のキャンペーンは、2015年5月25日 で終了しました。

 

 ※追記(2016.09.12)

JCBデビットカードを発行してもらえる銀行は、上記4銀行の他に
イオン銀行」「東邦銀行」「もみじ銀行」「山口銀行」「北九州銀行
の5つの銀行が更に増えています。
年会費は「初回から発生するもの」「初年度は無料のもの」「永年無料のもの」と銀行によって違いますので、お申し込み前に確認してください。
 
Copyright © 2017 A-kurashi All rights reserved.