A-kurashi

A-kurashi

えー暮らし(良い暮らし)・明るい暮らし・飽きない暮らし・・・etc. あーちょりんの暮らし♬

《Kindle Paperwhite/第7世代》読書ライフがとっても快適になりました!

スポンサード・リンク

Kindle Paperwhite(第7世代)のユーザーになりました!

f:id:achorin:20161109163033j:plain

Kindle Paperwhite Wi-Fi ホワイト

 

久々の更新になってしまいました。あーちょりんです。

「誕生日は、まだ少し先だけど」

と、夫がサプライズでKindle Paperwhiteをプレゼントしてくれました!

サプライズすぎた驚きと嬉しさとで涙したお話はさておき、実のところ、私は電子書籍というものにあまり興味がありませんでした。・・・というよりは、諸々の理由から敬遠していたんです。

 

私が電子書籍を敬遠していた理由

その1.これ以上視力が落ちるのが嫌

最大の理由はこれです。PCやスマホと同じで、電子書籍だって目によくないに決まってる!!!と思っていました。

 

その2.ページを1枚1枚めくる動作が好き

見開きを読み終えると、ページをめくって次へ進む。

コーヒーを飲みながら読み進めて、また1枚めくる。

なんだかほっこりするんです、この動作が。読書ならではの風情?というか。

電子書籍だと、そういう趣みたいなものがなくなってしまう気がして、寂しいかもって思っていました。

 

その3.充電を心配しながら読むとかありえない

読んでいる途中で充電が切れた!!!とか最悪だし…。

充電を気にしながら読書なんてしたくないと思っていました。

 

そんな理由から、電子書籍には見向きもしていなかったんです。

夫は、私が敬遠している事もその理由も知っていて、それでも、心配には及ばない!と自信を持ってプレゼントにKindle Paperwhiteを選んでくれたようです(事前に色々と調べてくれたみたいでした)。

 

どうやら、目には優しいらしい

「PCやスマホのようなバックライト(目に向けて光を当てる)ではなく、フロントライト(ディスプレイの表面を照らす)搭載だから目には優しいんだって!見た目の質感も“紙そのもの”って言ってる人がたくさんいるよ!」

私が一番心配していた部分を真っ先に払拭するべく、夫がそう教えてくれました。

目に優しいと分かれば、電子書籍に対する私のガードは98%崩壊。

 

目に優しいとあらば、早く読んでみたい!!!

でも、傷がつくのは嫌だから、素の状態では使いたくない!!

というわけで、 楽天でケースと画面保護フィルムを急いで購入。

保護フィルムは、ケースのオプションとして安く買うことができました(フィルムの種類は選べません)。

ゆうパケットで届きました。土・日を挟んだこともあり、発注から届くのに3日間程かかりました。

届いた日に、早速装着。

f:id:achorin:20161112225907j:plain

写真左上:表から見たところ

写真右上:裏から見たところ

写真下:開いて見たところ

 

ケースをつけたらKindleが重くなった!カバンの中でかさばるようになった!

というのは避けたかったので、とにかく“軽さ”と“薄さ”を重視しました。

基本的には地味な色が好みなのですが、読書は気分転換を目的にすることが多いので、視覚的にもリフレッシュできるようにグリーンを選びました。

上の写真を見て気付いた方もいらっしゃるかも?しれませんが、このケース、実は届いた時から傷や汚れがありました…。残念な気持ちにはなりましたが、ケースだし、使い始めればどうせ傷や汚れはつくものだしと、返品しないでそのまま使用しています。使い勝手には非常に満足しているので、いつかこのケースに寿命がきても、おそらくまた同じケースなり後継品なりをリピすると思います。その時には、傷や汚れのない綺麗なものが届くことを期待。

 

実際に読んでみて感じたこと

目には優しかった!

「質感は紙!」だなんて、さすがにそれは言いすぎでしょーー???

だって、なんだかんだ眺めてるのは画面だよ???

正直そんな風に思っていたのですが(笑)、実際のところ大げさでもなんでもなくて、質感は本当に紙そのもの!小さな額縁の中に紙の本のページが収まっているような、そんな感覚です。液晶画面を眺めているなんて感じられないほど。長時間読んでいても、目の疲れはほとんど感じません。目に悪いだなんて、本当にただの思い込みでした。

f:id:achorin:20161117163158j:plain

写真では伝わらないかもしれませんが・・・

本当に紙っぽく見えませんか?

(写真は、画面のライトを全くつけていない状態。ライトの明るさを下げれば下げるほど、紙の質感に近づきます。 明るい場所なら、画面ライトなしで問題なく読むことができます。)

 

こだわりの趣は?

めくる動作なしに読めるって、こんなに楽なの!?!?

ってなりました(風情だの趣だの言ってたのは誰?笑)。

紙の本を読む時よりも、好きな体勢で読書ができます。

コーヒーをお供に読書ができればほっこり。

めくる動作なんて関係なかった。

(笑)

 

充電の持ちは?

最初は「巷の口コミほど持ちが良いとは思えないけど?それなりに減るよ??」と思っていたのですが、「Wi-Fiを切る」「ライトを消す」設定にして読むようになると、なかなか充電が減らないようになりました。毎日読んでいるわけではありませんが、10/23から使い始めて今日11/17までの間で、充電をしたのはたったの一度だけです。想像をはるかに超える持ちの良さには、ただただ感心するばかり。

 

物を増やさずに本が増やせる!

本は欲しいけど、家に物が増えるのは嫌…。この悩みが一挙解決!

欲しい本をどんどん買っても、物として自宅に置いておくのはKindle本体だけだから、本の収納に困ることが一切ない。自宅は物が溢れずスッキリと片付いた状態をキープしていたいので、これは本当に嬉しいです。

 

まとめ

結果、食わず嫌いならぬ「読まず嫌い」でした!

文句のつけどころがありませんでした。文字サイズが変更できたり(紙の本だと絶対にできないことですよね!)、読書中に意味の分からない単語が出てきたら、その単語を長押しするだけで意味が調べられたりと、本当に便利な機能が満載です。こんなに素敵なものなら、もっと早くにKindleデビューすれば良かった!!この快適さを覚えたら、もう紙の本には戻れないです(笑)。あえて困る点を挙げるとすれば、ひとつだけ。それは、今までは物が増えるのが嫌で買い控えていた本を買い控える理由がなくなってしまったので、今後はどんどん本が欲しくなるでしょうし、本への出費が確実に増えてしまうことですね(笑)。快適だからとポチりまくらないよう、書籍代の予算をきちんと決めて計画的にKindleライフを楽しみたいと思います♪

素敵なプレゼントをくれた夫に感謝♡

カラーはブラックもあります。

キャンペーン情報(広告)つき or なし が選べます(価格は異なります)。

ちなみに、私が愛用しているのはキャンペーン情報なしのタイプです。最初は良いと思っていたとしても、ずっと使っていると「やっぱり広告なしにしておけばよかった…」となる可能性が高いと思うので、個人的にはキャンペーン情報なしがおすすめです。

Copyright © 2017 A-kurashi All rights reserved.