A-kurashi

A-kurashi

えー暮らし(良い暮らし)・明るい暮らし・飽きない暮らし・・・etc. あーちょりんの暮らし♬

お料理(レシピ)ブログをやりたいのに。

スポンサード・リンク

私だって、やりたい事をやりたいんだ。

f:id:achorin:20170118184025j:plain

こんばんは。あーちょりんです。

私は、お料理をすることが大好きです。

趣味は?と問われれば、決まって「お料理」と答えます。

特技は?と問われても、お料理くらいしか思い浮かびません。

(家庭料理専門。プロ並みの腕前は持ち合わせていないので、特技は言い過ぎ!?)

そんな私が、主婦になった途端にお料理ができない環境になろうとは・・・

 

まずは家族構成から

義祖父(夫の祖父で義父の父)

88歳、O型。基本的には無口。政治ニュースを見ている時だけエキサイトしてる。お酒が大好き。

 

義祖母(夫の祖母で義父の母)

85歳、O型。

とにかくよくしゃべる。我が家の中でいちばんにぎやかな人。あと、とにかくよく食べる。揚げ物大好き。食べることに命をかけている。めっちゃ飲む(お酒)。胃腸年齢はあーちょりんよりも若いと思う。

 

義父(夫の父で、上記2人の息子)

65歳、O型、会社員。

なんか自由な感じの人。義祖母(義父にとって母)ゆずりでめちゃくちゃよく食べるし、めちゃくちゃよく飲む(お酒)。

 

義母(夫の母)

還暦、B型、専業主婦。

すんごい自由。

 

年齢非公開、B型、会社員。

正義感が強く、負けず嫌い。オンとオフの切り替えができる人。

 

あーちょりん

年齢非公開、A型、専業主婦。

几帳面だとよく言われる。

夫を頼りに、なんとか同居生活を踏ん張っている。挫折しそう。でも頑張る。

 

以上の6人で生活をしております。

 

同居生活はじめました

結婚してから、夫の実家で義理の祖父母両親と同居生活(3世代同居)をするようになりました。

嫁いできた当初は、やはり自分の家というよりは他人の家という感覚が大きいので(家の中を自由にうろうろするのも気が引けるし、勝手にあれこれ触るのも気が引ける)、洗濯も掃除もお料理も、基本的な家事はとにかく義母と一緒にやっていました。

 

ですが。

 

上2世代と私達夫婦では生活のリズムが全く違うし(義父と夫の労働時間帯はまるで違う)、食の好みも違いすぎて食べたいものが食べられない。

 

食の好みは我慢すればなんとかなりますけど、生活リズムの違いはどうにもなりませんでした。

夫が会社へ行っている時間帯は、義祖父母と義母(以降、先輩世代とします)の生活リズムで一緒に動いて、夫が帰宅したら私達夫婦の時間で動く。(お昼ごはんは先輩世代に合わせて一緒に11時過ぎ頃に食べるのに、晩御飯は夫と一緒に24時頃食べるみたいな感じ。食間長すぎ。てかお昼ごはん食べるの早すぎ。)

晩御飯作りは先輩世代の生活リズム(義母)に合わせて一緒に12時半頃から作り始めるけど(14時までには出来上がる)、私達夫婦がそれを食べるのは24時頃(出来上がってから食べるまでの時間が空きすぎな気がするんですけど…)といった感じとか。

 

先輩世代のリズムに合わせて動いて、思うように生活ができない事に疲れてました。

ストレスが体調にも影響してたし。

 

そんなこんなで、食事の面は先輩世代とは別々にさせてもらうことにしました。

 

そうしたら・・・

 

キッチンが思うように使えない・・・

食生活を別々にしてもらったらもらったで、今度はキッチンを思うように使えないという問題が…。

食べる何時間も前からは作りたくないので(夏場は傷むから特に)、できれば私は20時くらいから作り始めたい。だけど、20時は先輩世代の生活リズム上無理なので、せめて21時くらいからは晩御飯を作り始めたいと思っています。

なのですが。

義両親が、食後もずっとダイニングでテレビを見ながらくつろぐ…。酷い時は、22時頃までダイニングでくつろいでる(22時半なんて時もある)。ちなみに、先輩世代は晩御飯を19時前頃から食べ始め、20時半頃には片付けも含めて終わっている。

2階のリビングにもテレビはあるし、義両親の寝室(2階)にだってテレビはあります。

それなのに、なぜかくつろぐのはいつもダイニング。

義両親が居てもそこで作ればいいじゃない?と言われてしまえばそれまでですが。

早くキッチンを空け渡すよう、夫が何度か義母に言ってくれたのですが、何度言っても毎度のごとく3日坊主(長くて1週間)。

というわけで、私がキッチンを使えるのは、早くて21時半くらいから。(朝も昼も義母優先で、義祖母もまだお料理をする人なので、先輩主婦2人が使わない時だけ私が使えるといった感じ。先輩世代が居ない時か寝ている時にしか使えないと言った方が早い。)

 

ライフスタイルに合わせた食生活を送ることにした

仕方がないので、お料理は諦めました。

最初は本当に色々とあがきました。夫に色んなお料理を作ってあげることを楽しみにしていたから。

仕事から疲れて帰ってきた夫に、レンチンとかボイルするだけとか、そんな食事でいいのだろうか・・・とか申し訳ないような気がしたし。

兼業主婦なら時短はとても重要だと思うけど、専業主婦なのにちゃんとしたお料理を作らないってどうなんだろう・・・とか。

 

でも、あがいてもどうにもならないものはどうにもならなくて、ストレスが溜まるだけで。そうすると、無駄な夫婦喧嘩が増えました。夫は何も悪くないのに夫に当たり散らしたり。お互いに問題がある喧嘩ならまだいいですけど、問題の種が夫でも私でもない喧嘩。このままでは、夫婦間に問題がないのにダメな方向へ進んでしまいそうだった。

 

無駄な喧嘩で夫婦の仲がこじれるくらいなら、いさぎよく料理を諦めよう!

 

「レンチンでも何でも、簡単なものでいいんだ」

 

夫は前からそう言ってくれていました。

お料理が大好きで、どうしてもお料理がしたかった私が、それを受け入れられなかっただけで。

 

でも、無駄な夫婦喧嘩はバカらしくなってしまったので。

 

夫婦で一緒に楽しく食事ができるだけでいいんだと考え方を改めました。

 

というわけで

活用できる便利食品は活用しまくろう!

という食生活を今は送っています。

 お惣菜とか、冷凍食品とか、カット済みで売られている野菜を利用するとか。とにかく時短。

わずかなキッチン利用可能時間の中で、猛スピードで晩御飯を準備する日々です。

 

一番やりたかったレシピブログ。

期待を胸に立ち上げたはずのレシピブログ。

omajin-cooking.hateblo.jp

もちろん、全く更新はできていませんし、おそらく今後も長らくは更新できません。(同じ理由で、クックパッドも更新できてない)

 

でも、やりたかったレシピブログの代わりを思いつきいました(代わりと言っては何ですが)。

この食品おいしかったよー!とかレビューも兼ねて、ごはん日記なるものを投稿していこうと決めました。(早速、グローバルメニューに「ごはん日記」のボタンを追加しました)

時短命の食生活が、あわよくば誰かの参考にでもなってくれたなら幸せだー…!

 

 

なんだか今日は愚痴っぽい投稿になってしまってすみません。

 

最後までお読みくださった方、ありがとうございます。

 

 

いつか自由に好きなだけお料理ができるようになる日を夢見て・・・

 

ふぅ〜…

明日からも頑張ろっと。

Copyright © 2017 A-kurashi All rights reserved.