A-kurashi

A-kurashi

えー暮らし(良い暮らし)・明るい暮らし・飽きない暮らし・・・etc. あーちょりんの暮らし♬

マグロはお寿司やお刺身だけじゃない!頬肉の照り焼きだって絶品なんです!【三崎港(三浦市)】【産直センターうらり】

スポンサーリンク

マグロ頬肉が安くて美味しくて最高だった!

f:id:achorin:20180628181509j:plain

※今回の記事は、過去記事のリライト記事になります。(初回投稿:2015/4/13)

初めましての方も、リピートをしてくださった方も、当ブログへお越しいただきありがとうございます。あーちょりんです。

我が家では、年に1〜2回程、とある理由で神奈川県の三浦市を訪れるようにしています。

初めて三浦市へ訪れた際、せっかく来たのだから「ついでに観光もしよう!」ということになり、お料理好きな私と食べることが大好きな旦那くんは、マグロで有名な三崎にある『三崎フィッシャリーナ・ウォーフ うらり』という場所を訪れることにしました。三崎港の産直センターです。

 

www.umigyo.co.jp

 

センター内へ足を踏み入れると・・・

たくさんの海産物がずらり!!

食材探し本気モードです!

(センター内の雰囲気の写真も撮っておけばよかった…)

マグロで有名な地域とあって、定番のお刺身用はもちろん、近場のスーパーでは入手することが困難と思われるレアな部位まで販売されており、物珍しさにテンションが上がる上がる↑↑(笑)。

上がったテンションによる勢いで、ついつい より入手困難な 部位を購入してしまいそうになりますが、私のお料理の知識と腕前では手に負えない(悲)。

なので、そこは冷静に定番のお刺身用と、プチレア?な頬肉を購入してみました♪


f:id:achorin:20180628173307j:image

【左】お刺身用(1,000円)
【右】頬肉(500円)

 

購入当時の価格です。税込価格。

まだ消費税が8%に上がる前でした。

 

お刺身は、5〜6人前くらいあります。

頬肉は、2〜3人前くらい。

 

何人前分に感じるかは個人差があると思うので、あくまでも私の感覚ですね。

 

この量でこの価格、かなり安いですよね???

 

こんなことなら、クーラーボックスを持参すればよかった!!

と思ったけど、そもそも我が家にはクーラーボックスが無い…。

 

次回行く時までには、クーラーボックスをゲットしておきたい。

そして、ガッツリと仕入れて帰って来たい!

ちなみに、欲しいクーラーボックスはこれ。

以前はコストコで見かけたのに、今年(2018年)は見かけない…。(悲)

 

実食

冷凍マグロの上手な解凍法

f:id:achorin:20180628173356j:image

購入時に、解凍法とおすすめの食べ方が書かれたこのプリントを一緒にいただきました。調理の際の参考になり、とっても助かりました!

 

お刺身用は、その名の通りにお刺身として。

日曜日のお夕飯は、我が家の全員(義祖父母・義両親・旦那くん・私)が揃って食事をするので、その時にみんなでいただきました。

 

そして、別の日に頬肉で作ったのが・・・

 

マグロ頬肉の照り焼き

f:id:achorin:20180628173338j:image

お魚ですが、食感はお肉に近かったです!

お肉が大好物な旦那くんも、かなり大満足な様子でした♪

 

お肉は控えている・・・

でも、ステーキが食べたい!!!

っていう人には もってこい だと思います◎

 

頬肉は、照り焼きの他にもフライやバター焼きで食べるものおすすめなんですって。

 

おわりに

初めて訪れたあの日以来、その後も三浦市へ訪れる度に産直センター『うらり』へも立ち寄るようになりました。マグロの頬肉を仕入れたいが為に。

毎年三浦市へ訪れるのが我が家の恒例行事なのですが、実は昨年は予定がつかず行けずに終わってしまい、そして今年もまだ行けていないんですよね…。

年末までに都合をつけて、今年は必ず行きたい!

 

そんなこんなで、

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました (*- -)(*_ _)♪

 

【関連記事】こんな記事も書いています

野菜も「道の駅」等で新鮮なものを仕入れたりしています♪

a-kurashi.hateblo.jp

a-kurashi.hateblo.jp

Copyright © 2015-2018 A-kurashi All rights reserved.