A-kurashi

A-kurashi

えー暮らし(良い暮らし)・明るい暮らし・飽きない暮らし・・・etc. あーちょりんの暮らし♬

検査を重ねることで安心が増す。乳がんの定期検診を受けて来ました。【乳腺超音波(エコー)検査】

スポンサーリンク

定期検診を受けて来ました

f:id:achorin:20180614170018j:plain

初めましての方も、リピートをしてくださった方も、当ブログへお越しいただきありがとうございます。あーちょりんです。

昨年(2017年)の健康診断の乳がん検査で腫瘍が見つかり、かかりつけの病院で精密検査を受けてから約半年が経ちました。

「半年後に、経過観察のためもう一度来院してください」

担当医の方とそういうお話になっていたので(その時に予約も入れた)、

予定通り、予約の日に検査を受けて来ました。

 

乳腺超音波検査(エコー検査)

検査当日、総合の受付機で予約の受付を済ませたら放射線科へ直行。

放射線科窓口の受付も済ませたら、ほとんど待つことなくあっという間に検査室へ呼ばれました。

この検査が本当に嫌で(恥ずかしいという気持ちが拭えないですね…)、数日前からテンション下がってました。(苦笑)

まぁでも、健康な人生を過ごすためにはそんなこと言ってられない。

検査にかかった時間は、…25分くらい?

本当はもう少し短かったのかもしれないけど、憂鬱だったから、感覚的にすごく長く感じてしまった。

 

補足ですが、

前回の精密検査では、エコー検査の他にマンモグラフィーと、腫瘍細胞の一部を採取してそれを調べてもらう検査も行っています。

腫瘍細胞の一部を採取する検査ですが、あくまで一部のみの採取であり、その採取した細胞が良性だったからといって、腫瘍全体が良性という風には言えないそうです(採取していない部分に悪性が存在する可能性もある)。

 

今回の検査結果

検査後は、担当の先生とお話をするために診察室へ。

結果は、「前回から変化なし(問題なし)」でした。

ほっと一安心。

 

次回は一年後

今回は、前回の検査から半年での経過観察でしたが、次回は半年後じゃなく一年後で良いよと言われました。

検診サイクルの期間が延びたのは嬉しいです。

 

おわりに

今回の検査も、問題なく無事に終えることができて安心しました。

悪性腫瘍じゃないんでしょう?…だったら、もう検査はいいじゃない…って思うこともあるんです、正直。恥ずかしくて嫌だという気持ちはやっぱり変わらないので。

だけど、1度や2度や3度の検査では分からないこともあるでしょうし、腫瘍に対して間接的に検査(エコーやマンモグラフィー)をするわけですから(腫瘍そのもの全体を直接調べるわけではないので)、確実に大丈夫!という確証はどうやったって得られないわけですよね。

もしその時の検査で発見できなかった異常があった場合に、その異常を発見することができるのは、やはりその後の検査でしかないと思います。

身体の中に腫瘍がある以上は、たとえ憂鬱でも、今後もきちんと定期検診は受けていこうと思います。

私自身はもちろんですが、大切な家族にも安心してもらう為には重要なことですよね。

 

そんなこんなで、

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました (*- -)(*_ _)♪

 

【関連記事】こんな記事も書いています

私は元気!と思っている人でも、本当の意味で元気(身体の中まで元気)なのかどうかは、健診を受けなければ分かりません。

a-kurashi.hateblo.jp

Copyright © 2015-2018 A-kurashi All rights reserved.