A-kurashi

A-kurashi

えー暮らし(良い暮らし)・明るい暮らし・飽きない暮らし・・・etc. あーちょりんの暮らし♬

買うなら今!春財布で気分も金運も上げていこう♪

スポンサーリンク

春だし、お財布を買い替えようかな。

長年愛用しているお財布が傷んできました

どうもこんにちは。あーちょりんです。

下の写真は、私が長年(7年くらい?)愛用しているお財布です。

f:id:achorin:20180329181925j:image

旦那くんと付き合い始めて間もない頃にプレゼントしてもらった、とってもとっても大切なお財布。

 

上の写真では少し分かりづらいかもしれませんが、

部分部分を拡大して見てみると・・・

f:id:achorin:20180329181941j:image

千切れるまではいかないものの、ファスナーについている皮が削れてしまっていたり、よく擦れてしまう淵の部分や、中の部分も、所々の塗装が剥がれてしまっていたり、鞄の中で擦れてしまうのが原因?なのか、表面の底の辺りが黒ずんでしまっていたり。そもそも、表面は全体的に確かもっと白かった(気がする)。

ファスナーが壊れて開け閉め出来なくなった!とか、異常なまでの型崩れ!とか、そういう無惨なまでの傷み具合ではないので、まだまだ使えるのかもしれませんが、大切なお財布なのであんまり傷めつけ過ぎるのも何だかちょっと悲しくなるし、気分転換に持ち物を変えてみたいなという気持ちにもなったので、昨今はどんなお財布が世の中に出回っているのかな?なんて思いながら、ネットでウィンドウショッピング的なことをしてみる。

「春財布(張る財布)」なんて表現もありますし、験担ぎというか、そこはやはり、良くないと言われている時期(秋財布<空き財布>は良くないって言いますよね?)に買うよりは、やはり良しとされている時期に買った方が気分が良いですよね。

 

私がお財布に求める条件とは?

年代や生活スタイルによって、持ちたいお財布って変わってきますよね。

私は、ブランドにはかなり疎く、昔から何を買うにも使い勝手を最優先で選びます。お財布の場合もそうです。どんなに有名なブランドの物であっても、使い勝手が悪ければ、必ず私は使わなくなってしまうので。

 

私のお財布の原点はこれ(こんなタイプの物)。

こんなにも遡らなくてもいいかもしれませんが(笑)。

幼い頃は、こんな感じのお財布を使っていました。懐かしい。

中高生の頃も、二つ折りのお財布を愛用です。さすがに、この頃はビニール製ではありません(笑)。

高校を卒業してからも、しばらくは二つ折り派でした。長財布を使うようになったのは、20歳の頃からだったかな。ちょっとはっきりとは覚えていないのですけど。

同じデザインの物はもう販売していないので、似た感じの物になりますが、

こういうタイプのお財布を、これもまた結構な年数愛用していました。当時の私には、この仕様がとても使い勝手が良く気に入っていたので。

 

こうして色々なお財布を経て、年齢も重ね、今の私がお財布に求める条件は、

 

  1. ラウンドファスナー必須(リュック愛用者なので、ボタンで留めるタイプだとリュックの中で勝手に開いてしまうことがある)
  2. コンパクトなお財布を希望
  3. でも、やっぱり長財布?(何だかんだ、お札は折らずに収納したい)
  4. だけど、コンパクトなお財布にとてつもなく憧れる(②と③との葛藤。ここがかなり悩ましい。)
  5. 薄くて軽い(結局、コンパクト熱望)

 

ザックリと、こういった感じです。

本当は、小さなお財布にしたいんですよ。荷物を小さく軽くしたいので。長財布が故に、鞄を小さく出来ないのが長年の悩みですね。

 

そんな条件を元に・・・

 

目に留まったお財布がこれ!

 

結局、長財布!(笑)

【ATAO】Limo パイソンルーク という長財布です。

やっぱり、お札は折らないって部分は譲れませんでした。支払いの時に出したお札が、くるんっ!てなってるの、やっぱり好きじゃなくて。

それならば、長財布でありながらコンパクトな物を探せばいいよ!となりました。長い時点でコンパクトじゃないけど。何だかそういう矛盾しているような、訳の分からない私の着眼点に上手く引っ掛かってくれたのが、この『ATAO』の長財布でした。

このATAOのお財布は、できるだけ無駄を省き、使いやすさとコンパクトさに拘った設計なんだそう。確かに、厚みを写した画像を見た感じ、かなり薄いんですよね。私がこれまでに使ってきた歴代のどの長財布も、このATAOのお財布より断然分厚かったと思います。ATAO実物を見ていないので、断言は出来ませんけど。

公式サイトの

驚くほど薄くて柔らかい。長財布を敬遠していた方も長財布のイメージが変わるウォレット」

見た目も使う時の所作もスマートな優秀ウォレット」

という謳い文句に、心鷲掴み。

・・・って、こんな一目惚れ的な雰囲気で語ってますけど、実は、このお財布の存在を知ったのはこれが初めてではありません。今回お財布リサーチをするまで、すっかりと存在を忘れてはいましたけど。何年か前にネットでATAOのお財布を見た時、実は全く良いとは思わなかったんですよ。何なら「使い勝手が悪そう」くらいの事を思った記憶があります。当時の私は、コンパクトさなんて特に求めていなかったし、コインケースには仕切りが必須だった(取り出しやすいよう、硬貨は仕分けして収納したい人だった)ので。ちなみに、このATAOの長財布は、コインケースに仕切りも無ければ、更にファスナーも無い。でも、それらがお財布をコンパクトにする為の工夫になっているわけで、今の私はそのことに感動すらしてしまう。年月が経てば、考え方も好みも驚くほど変わるものなのだなー。

上の「Limoパイソンルーク」のお財布は、ATAO5周年のアニバーサリーモデルらしく、数量限定なのかな?…ちょっとその辺は謎なのですけど、もし入手困難な場合には、

 
 こっちの【ATAO】limovitro(リモヴィトロ) という長財布。

ステンドグラスをイメージしたデザインだそうで、こっちでもいいかなーって思います。見た目は何だか硬そうに見えますけど(私だけ?)、柔らかいんだそうですよ。柔らかければ、持った時の手への馴染みも良さそう。お財布としては重要なポイントですよね。

 

おわりに

どんな仕様なんだろう?と、調べる為にATAOの公式サイトを訪れてみて初めて知ったのですが、ドラマの撮影で使用されたり、雑誌で特集されたり、有名人の方々が実際に愛用されていたりと、これって何だかもの凄く有名なお財布????

テレビも雑誌もほぼ見ないし、流行を追ってネットであれこれ調べたりもしないし、世の中の流行にはかなり疎い私(どちらかというと、流行に振り回されたくなかったりする)。何だか品薄状態が続いているようで、ちょっと驚き。買いたいと思ったタイミングで即ゲット!という買い方は出来そうもない。入荷した時が買い時といった雰囲気です。欲しいと思う物の人気は、程々が有り難いかも…(笑)。

 

そんなこんなで、

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました(´・ω・)(´_ _)♪

 

 

Copyright © 2015-2018 A-kurashi All rights reserved.